トップページ > 帰化申請で知っておきたい事 > 帰化申請をしたい自営業、経営者の方

自営業者、会社経営者、個人事業主の帰化申請

必要書類にお店、会社の書類が含まれます。

税金の滞納、経営状態をチェック

帰化申請をする方で、会社員(アルバイトなど、どこかにお勤めの方を含む)の方と、自営業や会社経営者(役員として登記簿に記載のある人)の方とでは、必要な書類の数に大きな差があります。
帰化申請の難易度としては、会社員→自営業者→会社経営者の順に難しくなります。

なぜなら、申請者自身が経営するお店や会社の事業内容や、経営状態なども審査の対象となるので、お店や会社にかかる会社内部の書類や納税関係の書類を提出しなければいけないからです。

という事は、お店や会社が健全な経営状態で納税もキチンとしていれば、帰化申請はしやすくなりますが、そうでない場合は申請自体が難しくなることもあります。

一番重要なのは税金です。個人の税金も納税義務を果たさなければいけませんが、それ以上に自営業や法人、会社としての税金の滞納があると、まず申請できません。

親族の経営する会社に勤めている場合

自身が経営者でなくても、親戚の経営する会社に勤めている場合でも、自身が経営者である人と同様の書類が必要です。

なぜなら、帰化申請の要件として「生計を営むことが出来ること」とあるからです。

もし自分が経営するお店や、勤めている親戚の経営する会社が倒産してしまったらどうでしょうか。
生活ができなくなるだけでなく、借金を背負ってしまう可能性もあるでしょう。
そうなると、「生計を営むことができなく」なってしまいます。

複数の会社を経営している

複数の会社を経営している場合は、全ての会社の情報を申告しなければいけません。

ご相談

問い合わせ
  • 自分が帰化できるのか知りたい
  • 手続きや書類について聞きたい
  • 帰化申請をするかどうか迷っている

当事務所にお気軽にお問い合わせください。

  お問い合わせ

AM 9:00 〜 PM 9:00 土日祝日も受付

078-599-8515

ページトップへ戻る
Copyright(C) cocoa-houmujimusyo.com All Rights Reserved.