トップページ > 帰化後の手続き

帰化後の手続きについて

帰化の許可後、いくつかの手続きが必要です

帰化届出

帰化申請が許可された場合、官報(国の新聞)に、帰化者の名前と住所が告示されます。
帰化者は、その告示の日から1か月以内に帰化届出を日本の役所に提出する必要があります。
帰化者が15歳未満である場合は、その法定代理人が届出を行います。

届出をする役所は、住所地の役所か、帰化をする際に定めた本籍地の役所です。
例:今の住所地 神戸市長田区⇒長田区役所
定めた本籍地 大阪市生野区⇒生野区役所

届出に際して必要なもの(一般的な例ですので、個別に役所に問い合わせる必要があります)
・帰化届出書(役所に備え置いてあります)
・帰化者の身分証明書(帰化の連絡をもらった後、法務局でもらえます)
・印鑑(法定代理人が届出する場合は、その者の印鑑)
(免許証などが必要なケースも)

外国人登録証の返納

帰化により外国人ではなくなりましたので、外国人登録証の返納が必要です。
返納先は、居住地の市区町村役所に返納します。
上記の帰化届出と一緒にされると良いでしょう。

各種名義の変更

運転免許証などの名義変更が必要です。

日本のパスポートを申請する

日本のパスポートの申請は必須の手続きではありませんが、この機会に作っておかれることをお勧めします。
「帰化届出」受理後、約1週間ほどで日本の戸籍が作成され、パスポート申請に必要な戸籍謄本が取れるようになります。

ページトップへ戻る

ご相談

問い合わせ
  • 自分が帰化できるのか知りたい
  • 手続きや書類について聞きたい
  • 帰化申請をするかどうか迷っている

当事務所にお気軽にお問い合わせください。

  お問い合わせ

AM 9:00 〜 PM 9:00 土日祝日も受付

078-599-8515

ページトップへ戻る
Copyright(C) cocoa-houmujimusyo.com All Rights Reserved.