トップページ > コラム〜帰化申請と結婚、婚約、離婚〜

コラム帰化申請と結婚、婚約、離婚

帰化申請と結婚、婚約、離婚

日本人の婚約者がいると帰化申請に有利か?

『日本人の婚約者がいますが、帰化申請に有利になりますか?』
というご質問をよくいただきます。答えはそんなことはありません。

帰化の動機を補強する材料にはなりますが、要件が緩和されたり、許可の可能性が高まったりということはありません。
例えどのような堅い約束をしていたとしても、結婚と違い所詮は口約束だからです。

ただし、すでに婚約者と同居をしている場合は(婚約者でなくとも同居者がいる場合は)、生計を同一にする者として配偶者(妻や夫)と同様に、婚約者ひ関する書類(給与明細や戸籍謄本など)を提出しなければいけません。

帰化と結婚

結婚の予定のある方で、
『帰化と結婚どちらが先の方が良いですか?』
というご質問も良くいただきます。こちらは両方にメリット・デメリットともにあります。

結婚を先にする場合は
メリット:帰化申請の居住要件が緩和される。
デメリット:中国人と日本人の国際結婚となり、婚姻の手続きが複雑になる。

帰化を先にする場合は
メリット:日本人同士の結婚となるため、婚姻の手続きが簡単になる。
デメリット:帰化の許可が下りるまで数か月かかってしまう。

詳しくは「中国人と日本人の結婚と帰化」をご覧ください。

帰化と離婚

『離婚の予定があるが帰化申請ができるか?』
という点に関しては、帰化申請の要件を満たしていれば可能です。

日本人と結婚したことによる「日本人の配偶者等」の在留資格は離婚したからといって取り消されませんが、在留期間が終了するまでにビザを変更する必要があります。
帰化申請も一つの方法ですし、永住ビザに変更される方も多くいらっしゃいます。帰化と永住には、申請要件や許可後の効果などで違いがあります。
残りの在留期間や、今後どのように生きていくかを考えられ、選択をしてください。

ページトップへ戻る

ご相談

問い合わせ
  • 自分が帰化できるのか知りたい
  • 手続きや書類について聞きたい
  • 帰化申請をするかどうか迷っている

当事務所にお気軽にお問い合わせください。

  お問い合わせ

AM 9:00 〜 PM 9:00 土日祝日も受付

078-599-8515

ページトップへ戻る
Copyright(C) cocoa-houmujimusyo.com All Rights Reserved.