トップページ > 必要書類 > 帰化申請に必要な中国国籍証書

帰化申請に必要な中国国籍証書

国籍証書とは

海外旅行

国籍証書とは、中国人の方が日本国籍を取得するために帰化申請をする場合に、中国籍を喪失したことを証明する書類です。
中国領事館にて「退出中華人民共和国国籍申請書」に必要事項を記載し、パスポートなどと一緒に提出すると、国籍離脱の証明書である「国籍証書」が発行されます。

注意点

ただし国籍証書発行の注意点が2つあります。

  • 法務局の指示があるまで取得しない
  • 帰化申請終了までに海外へ渡航予定がある場合は、旅行証の発行を忘れずに

国籍証書は、法務局での帰化申請の手続きがある程度進み、審査がほぼ内定した段階で取得の指示があります。
あらかじめ取得しておくことは可能ですが、万が一帰化申請が不許可や取下げになった場合、日本国籍も取得できず、中国籍も離脱してしまっている状態になりますので、絶対に避けてください。
行政書士などのサポートを受けている方はそういった心配は、まずないですが、自分で帰化申請の手続きを行っている方はご注意ください。

反対に、国籍証書取得の指示があったにもかかわらず、手続きをしないままていると、帰化申請の要件である「元の国籍を失う」に該当しなくなり、取下げの原因となってしまいます。

また、国籍証書取得の手続きの際に、中国のパスポートも一緒に提出し、国籍証書発行後は使えない状態(切断されます)で返却されます。そのため、仕事や帰省などでどうしても帰化申請期間中に海外へ行かなければならない場合は、「旅行証」の発行も同時に行ってください。

ただし、帰化申請期間中の海外への渡航・旅行は法務局からの連絡に対応出来なかったり、頻繁な渡航は審査自体にも影響がありますので、出来る限りしない方が良いでしょう。
どうしても必要な場合は、たとえ短期間であっても必ず担当の法務局へ連絡してから行くようにしてください。

旅行証

国籍証書をしゅとくするための「退出中華人民共和国国籍申請書」申請時に同時に「旅行証申請書」を提出することで、VOIDされる今までのパスポートの代わりとなる「旅行証」が発行してもらえます。
費用は約3,000円ほどです。

効力はパスポートとほぼ同じで、有効期限は2年間あり、国外での滞在期間の制限などはありませんが、国によっては「旅行証」での入国を認めていない国もありますので、中国以外に渡航する場合は各国の領事館等に事前確認してください。

ご相談

問い合わせ
  • 自分が帰化できるのか知りたい
  • 手続きや書類について聞きたい
  • 帰化申請をするかどうか迷っている

当事務所にお気軽にお問い合わせください。

  お問い合わせ

AM 9:00 〜 PM 9:00 土日祝日も受付

078-599-8515

ページトップへ戻る
Copyright(C) cocoa-houmujimusyo.com All Rights Reserved.