トップページ > 必要書類 > 公証書

帰化申請に必要な公証書

公証書とは

公証書

帰化申請に必要な中国公証書

中国人の方が日本国籍を取得するための帰化申請必要書類の中に、「本国の戸籍謄本」とありますが、中国には日本にあるような戸籍制度がありません。

この戸籍謄本に該当するのが、各種「公証書」となり、国籍や身分関係を表す証明書です。

公証書には種類があり

  • 出生公証書
  • 死亡公証書
  • 婚姻公証書
  • 離婚公証書
  • 親族関係公証書

これらの公証書が、申請者本人・父・母・兄弟について必要になり、どの公証書が必要かはそれぞれの家族構成や、婚姻・離婚・死亡の有無により異なります。

必ず必要なのは、本人の出生公証書・親族関係公証書、両親の婚姻公証書の3点セットです。

公証書を取る際の注意点

公証書の発行は、その“届出をした所”でしか発行できませんので、中国で生まれた方は出生届を提出した中国の役所で取得します。婚姻の届出を中国領事館を通してされた場合の婚姻公証書は、日本国内の中国領事館にて取得します。
 取得方法は、自身が中国本国の役所に直接取りに行くか、中国にいる親族に代理で取ってもらいます。

出生公証書には 『出生場所』、『父と母の名前』の記載が必要です。

親族関係公証書は、申請者自身を中心とした公証書を取得します。これで申請者の兄弟、親子関係を証明します。
申請の仕方によっては、兄弟がいても、関係人として両親の名前しか記載されない場合もありますので注意が必要です。
兄弟姉妹がおらず、一人っ子の方は「独生子」である旨も記載してもらいます。

婚姻公証書は日本で結婚をした方は、発行されません。妻と夫の『結婚証』があれば足ります。

公証書は各役場によって形式が少しずつ異なります。写真付きの所もあれば、写真はなく文字のみの公証書もあります

この中国の公証書の取得が、帰化申請で一番時間のかかる部分となります。

公証書は、日本にある中国領事館で取れず、中国の役所での発行が必要なため、まずどの公証書がいるのかを確認して中国から取り寄せている間にその他の書類を集めるのが、効率のよい手続きになります。
(日本国内で生まれ、出生届出を中国領事館に届け出た方は、領事館での取得も可能です)

ただし、ご自身の家族関係によって必要な公証書は異なりますので、法務局で確認をしたうえで取得をしなければいけません。
公証書は中国語で書かれていますので、すべての公証書を日本語に翻訳する必要もあります。

ご相談

問い合わせ
  • 自分が帰化できるのか知りたい
  • 手続きや書類について聞きたい
  • 帰化申請をするかどうか迷っている

当事務所にお気軽にお問い合わせください。

  お問い合わせ

AM 9:00 〜 PM 9:00 土日祝日も受付

078-599-8515

ページトップへ戻る
Copyright(C) cocoa-houmujimusyo.com All Rights Reserved.