トップページ > 必要書類> 納税証明書

納税証明書について

個人の納税

申請者と同居の家族についての納税状況を確認するために、所得税の納税証明書と都道府県・市区町村の納税証明書が必要です。

主婦の方や、学生で所得がない場合も所得税が課税されていないという「非課税証明書」が必要となり、収入がなかったことの申告をしていない方は証明書を取るために申告をしなければいけません。

収入がなかったことの申告は、所定の用紙に記載して提出するだけです。この申告をすることで新たなお金が発生することはありません。

法人の納税

会社経営者や、同居の家族が会社を経営している場合は個人の納税とは別に、会社の納税関係の書類も必要です。

税金関係は滞納や不払いがあると、まず帰化申請はできませんのでご注意ください。

税金を滞納してしまっていても、判明後に納税し、その証明をすれば帰化申請は可能です。

ただし従業員の厚生年金保険の不払いは過去に遡って納付が必要となり、大きな額になってしまう場合があります。

ページトップへ戻る

ご相談

問い合わせ
  • 自分が帰化できるのか知りたい
  • 手続きや書類について聞きたい
  • 帰化申請をするかどうか迷っている

当事務所にお気軽にお問い合わせください。

  お問い合わせ

AM 9:00 〜 PM 9:00 土日祝日も受付

078-599-8515

ページトップへ戻る
Copyright(C) cocoa-houmujimusyo.com All Rights Reserved.