トップページ >帰化申請で知っておきたい事 > 留学ビザでの在留期間の扱い

留学期間は「引き続き5年間日本に住所を有すること」に含まれるのか?

留学ビザでの在留期間は「5年間」に含まれません

留学ビザ

帰化申請の要件のひとつに
『引き続き5年以上日本に住所を有すること』
という住所要件があります。

この5年に留学ビザで日本に在留している期間は含まれないと解釈されています。
留学ビザは留学期間が終了すれば、中国へ帰ることを前提として出されているためです。つまり、留学ビザで5年間日本にいたからといって帰化申請はできません。

ただし、留学ビザから就労ビザへ変更後3年以上日本に居住し、働くと留学ビザでの在留期間も5年に含まれます。
例えば、留学ビザでの在留期間2年間+就労ビザでの在留期間3年間=5年だと、帰化申請の住所要件を満たす形になります。
反対に、留学ビザでの在留期間3年間+就労ビザでの在留期間2年間=5年では、帰化申請の要件は満たしません。あと1年は就労ビザで在留する必要があります。

その他の在留資格

「留学」以外の在留資格(人文知識国際業務、投資経営、技能など)の在留期間は、帰化申請に必要な期間に含まれますが、留学ビザと同じ理由で「短期滞在ビザ」での在留期間は、帰化申請に必要な期間に含まれません。
帰化申請は、日本への定住意思を重要視するためです。

帰化の許可が出る期間とは?

帰化の審査は、要件はもちろんですがその他様々な条件を、申請者ごとに個々に審査するため、一概に
『どのくらいの期間日本にいれば確実に許可がおります。』
ということはありません。
しかし、少なくとも上記の期間(日本に定住して5年、そのうち留学ビザでの在留期間が含まれるなら就労ビザを取得して3年)を満たさずに許可が出ることはまずありません。
ご自身が帰化可能な時期か知りたい。いつ頃に帰化申請のできる時期が来るのか知りたい。などありましたら、一度ご相談下さい。

ページトップへ戻る

ご相談

問い合わせ
  • 自分が帰化できるのか知りたい
  • 手続きや書類について聞きたい
  • 帰化申請をするかどうか迷っている

当事務所にお気軽にお問い合わせください。

  お問い合わせ

AM 9:00 〜 PM 9:00 土日祝日も受付

078-599-8515

ページトップへ戻る
Copyright(C) cocoa-houmujimusyo.com All Rights Reserved.